クソみたいな知識

スポンサーリンク

中途半端な知識とか認識ってさ、全く知らんよりもタチが悪いよな。

ほう。

昔友達に言われてんよ。「お前それはクソみたいな知識やな」と。

クソみたいな知識www

いやほんまにクソみたいな知識やねんけどな、

どんなん?

当時「ある地元の国道をずっとずっとひたすら辿っていったら、左手にブックオフ見えてくる」っていうすっごい曖昧な認識があってんよ。

うん。

で友達と1時間くらい自転車でひたすらその国道走ったんやけどな、まあ結果無かってん。

ふんww

でな「ほんまにこの国道やってんな?」って聞かれたからこの国道かどうかは曖昧やけど、どっかの国道辿ったら左手に見えてきたはず。」って言ったらな・・・

それはクソみたいな知識ですね。

スポンサーリンク

せやろwww

左手か右手かは曖昧でもいいから、どの国道かだけは絶対間違ったらあかんやん!ってゆうな。

おっしゃる通りで。

王子の脳みそって、核心の周辺まで迫ったら、そこでもういいわってほっとく時あるよな。

そやねん。これを俗に言う”分かった気になってる”というやつやねん。横着な記憶やねん。

わかる気がする。

その横着な記憶やな〜〜って我ながら思ったのがもう一個あってな。

ふんふん。

弘前市ってあるやろ?

青森の。

僕な、この市の名前の漢字の、字面だけはなんとなく頭にはあってんよな。漢字の感じといいますか。

お得意の雑な認識や。

ほんでさ、岩手県あたりをふらふらしてる時に人に聞かれたんよ「これからどこへ行かれるんですか?」って。

うん。

その時とっさに言ってもうたのがひきまえ市です。」やってんよな。

ひきまえ市?www

分かるかな。”弘前”っていう漢字の字面は、確かに頭にはあってんけど、それを声に出してみたことなんて人生で無かってん。

ほう。

で聞かれた時にさ、頭にあったぼんやりとした字面をな、とっさに読み上げてんよ。

それが”ひきまえ”かいなwww

まず”弘””引”やと勘違いした上で”前””まえ”と読んだという、二重構造の間違いよ。

惜しいはずやのに原型まったく留めてないもんな。

聞いた人も「?」が顔にもろに出てたよ。

そらそうやろうな。

中途半端に認識して頭に留めておくくらいなら、いっそまったく知らんほうが良いという、ひとつの例でした。

はい、ありがとうございました。